本文へスキップ

角皆優人の自己紹介です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0261-75-4441

〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城27721-590

略歴・競技歴Personal-History

角皆優人の略歴・競技歴

SkiPhoto
  1955年群馬県高崎市生まれ。県立高崎高校卒業、青山学院大学中退。
 高校までは水泳選手として活動し、1972年200m個人メドレー群馬県優勝他。
 大学からフリースタイルスキーに取り組み、青山学院大学にフリースタイルスキークラブを創設し、初代部長を務める。
 1970年代後半から80年代半ばにかけて、全日本フリースタイルスキー選手権・総合優勝7回、種目別優勝35回(全日本FS協会主催&SAJ主催大会)。国際大会優勝・入賞多数。 引退後、全日本スキー連盟フリースタイルスキー部ヘッドコーチを経て、現在は株式会社クロスプロジェクトグループ相談役 & エフ-スタイルスクール代表。
 2000年に現役復帰を決意し、2001年アクロ種目全日本選手権第2位。50才より水泳競技でも現役復帰し、 ジャパンマスターズ 50m自由形、50mバタフライ優勝多数。
 ノンフィクション「流れ星たちの長野オリンピック」で潮賞受賞。クラシック音楽や文学を愛好し、著書・雑誌執筆原稿・スキービデオ多数。
 代表作はフィクション「星と、輝いて」、ノンフィクション「ゴールドメダルへの道」。
 生涯現役を願い、スポーツ指導と作家活動に意欲を燃やしている。
 長野県白馬村在住。
  Born in Takasaki city, Gumma prefecture, Japan, in 1955.
  Achieved the following results in the early period of Freestyle Skiing in world wide scale.
 7 times Japanese National combined Champion. 35 national titles in the Freestyle ski events. Many times top 10 in World Cups. 10th. combined in 1st. World Championship in Tegnes France.
 Helped to build strong foundation in Japanese Mogul Skiing as the National team coach and the head coach.
 Now runs F-style School.
 Awarded Ushio nonfiction literal prize with ' Falling Stars of Nagano Olympics'.
 Wrote many fiction and nonfiction stories and technical ski and swimming books and performed in many ski videos.
 Back into competition at year 2000, and recieved 2nd. place in Japanese National in Acro Skiing.
 Grand Prix Champion of Sailer Valley Cross Game.
 Started competing in swimming races after 50 years old, and won many sprint races in Japanese national Masters races.
 

角皆優人の戦績

 1978年 ◆全日本フリースタイルスキー協会主催 大会
Competitions were run by All Japan Freestyle Ski Association
□第2回全日本フリースタイルスキー選手権;バレー2位 総合7位
 ■2nd. All Japan Freestyle Ski Contest ;2nd. Place in Ballet, 7th. Combined
□第3回全日本フリースタイルスキー選手権;
 総合1位 バレー1位 モーグル3位
 ■3rd. All Japan Freestyle Ski Contest;
 1st. Combined, 1st. Ballet, 3rd. Mogul 
 1979年  ◆全日本フリースタイルスキー協会主催
 Competitions were run by All Japan Freestyle Ski Association
□全日本フリースタイル選手権車山大会;
 モーグル1位 エアリアル3位 総合2位
 ■All Japan Freestyle Ski Open in Kurumayama;
 1st. Mogul, 2nd. Combined, 3rd. Aerial
□第4回全日本フリースタイルスキー選手権;
 総合2位 エアリアル1位 バレー2位
 ■4th. All Japan Freestyle Ski Contest;
 1st. Aerial, 2nd. Ballet, 2nd. Combined
□全日本フリースタイルスキー選手権湯沢大会;
  総合1位 バレー1位 エアリアル1位 モーグル3位
 ■All Japan Freestyle Ski Open in Yuzawa
   1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Aerial, 3rd. Mogul
1980年   ◆全日本フリースタイルスキー協会主催
 Competitions were run by All Japan Freestyle Ski Association
□第5回全日本フリースタイルスキー選手権;
  総合1位 バレー1位 エアリアル1位 モーグル3位
 ■5th. All Japan Freestyle Ski Contest;
  1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Aerial, 3rd. Mogul
 ☆Whistler World Pro Mogul Open Contest 優勝
  (1st. Place )
 ☆Whistler World Pro Aerial Contest 2位
  (2nd. Place)
 1981年  ◆全日本フリースタイルスキー協会主催
 Competitions were run by All Japan Freestyle Ski Association
□第6回全日本フリースタイルスキー選手権;
  総合1位 エアリアル1位 バレー1位
 ■6th. All Japan Freestyle Ski Contest;
   1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Aerial

◆全日本スキー連盟(SAJ)主催
  Competitions were run by Ski Association of Japan
□第1回全日本フリースタイルスキー選手権;
 総合1位 バレー1位 エアリアル1位 モーグル3位
 ■ 1st. Japanese National Freestyle Ski Competition ;
   1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Aerial, 3rd. Mogul
 ☆Whistler World Pro Aerial Contest 優勝 (1st. Place)
 1982年 怪我のため大会欠場
半月板・十字靱帯損傷 入院182日
Hospitalized by Knee injury for 182 days.
No entry was made for any contest
 1983年 □第2回フリースタイルスキー東京都大会;
  総合1位 バレー1位 エアリアル1位 モーグル2位
  ■2nd. Tokyo Freestyle Ski Competition;
   1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Aerial, 2nd. Mogul
□全日本フリースタイルスキー長野大会;
  総合1位 バレー1位 モーグル1位 エアリアル1位
  ■Nagano Freestyle Ski Competition;
   1st. Combined, 1st. Ballet, 1st. Mogul, 1st. Aerial
□第3回全日本フリースタイルスキー選手権
  総合1位 バレー2位 エアリアル2位 モーグル3位
  ■3rd. Japanese National Freestyle Ski Competition;
   1st. Combined, 2nd. Ballet, 2nd. Aerial, 3rd. Mogul
 1984年  □第4回全日本フリースタイルスキー選手権;
  総合1位 バレー1位 エアリアル2位 モーグル6位
  ■4th. Japanese National Freestyle Ski Competition
   1st. Combined, 1st. Ballet, 2nd. Aerial, 6th. Mogul
  ☆ワールドカップ Brickenridge 大会;総合8位 エアリアル13位
  World Cup Brickenridge 8th. Combined, 13th. Aerial
  ☆ワールドカップ Stonehum 大会 ;エアリアル16位
  World Cup Stonehum 16th. Aerial
1985年 □フリースタイルスキー北海道大会;総合1位 バレー1位
 ■Hokkaido Freestyle Ski Competition ;1st. Combined, 1st. Ballet
□第4回フリースタイルスキー東京都大会;総合1位 バレー2位
 ■4th. Tokyo Freestyle Ski Competition;1st. Combined, 2nd. Ballet
□第5回全日本フリースタイルスキー選手権;
 総合1位 バレー2位 エアリアル2位
 ■5th. Japanese National Freestyle Ski Competition;
   1st. Combined, 2nd. Ballet, 2nd. Aerial
 ☆第1回国際選抜フリースタイルスキー選手権;
  エアリアル2位 バレー3位
 ☆1st. FIS International Freestyle Ski Competition;
  2nd. Aerial, 3rd. Ballet
 ☆ワールドカップ Brickenridge 大会;総合9位 エアリアル16位
   World Cup Brickenridge; 9th. Combined, 16th. Aerial
 ☆ワールドカップ Lake Placid 2nd. Contest;エアリアル10位
   World Cup Lake Placid 2nd. Aerial Contest; 10th. Place
□東京都ウォーターエアリアル競技会;優勝
  Tokyo Water Aerial Competition; 1st. Place
□長野県ウォーターエアリアル競技会;2位
  Nagano Water Aerial Competition 2nd. Place 
 1986年  □フリースタイルスキー北海道大会;総合1位 バレー1位
 ■Hokkaido Freestyle Ski Competition
   1st. Combined, 1st. Ballet
□フリースタイルスキー長野大会;総合1位 バレー2位
 ■Nagano Freestyle Ski Competition;
   1st. Combined, 2nd. Ballet
□第5回フリースタイルスキー東京都大会;
  総合1位 バレー1位 モーグル2位 エアリアル2位
 ■5th. Tokyo Freestyle Ski Competition
   1st. Combined, 1st. Ballet, 2nd. Mogul, 2nd. Aerial
□第6回全日本フリースタイルスキー選手権
  総合1位 バレー2位 モーグル6位 エアリアル5位
 ■6th. Japanese National Freestyle Ski Competition
   1st. Combined, 2nd. Ballet, 6th. Mogul, 5th. Aerial
 ☆第2回国際選抜フリースタイルスキー選手権
   エアリアル2位 総合4位
 ☆2nd. FIS International Freestyle Ski Competition
   2nd. Aerial, 4th. Combined
 ☆ワールドカップ Mt. Gabriel 総合11位
  World Cup Mt. Gabriel 11th. Combined
 ☆ワールドカップ Brickenridge 総合10位
  World Cup Brickenridge 10th. Combined
 ☆第1回世界選手権 総合10位
  1st. World Championship 10th. Combined
 2000年  □第20回全日本フリースタイルスキー選手権;アクロ3位
 ■20th.Japanese National Freestyle Ski Competition ;3rd. Acro
 ☆ザイラーバレークロスゲーム
  スキー部門優勝、グランプリ部門優勝
 ■Sailer Valley Cross Games
   1st. Place in Skiers, and Grand-Prix in all categories
 2001年  □第21回全日本フリースタイルスキー選手権; アクロ2位
 ■20th.Japanese National Freestyle Ski Competition; 2nd. Acro
 2002年  □サンアルピナ鹿島槍第2回ビッグエアコンテスト;第5位
 ■2nd.Kashimayari Big Air Contest 5th.pl..
 2004年 アメリカにてエアリアルショー練習中に手首とヒザを負傷。
手首はアメリカにて、ヒザは日本にて手術。
 2007年 2007ジャパン・マスターズ 50m自由形優勝
 2009年 2009ジャパン・マスターズ 50m自由形優勝 
 2010年 2010ジャパン・マスターズ 50mバタフライ優勝 
 2011年 2011ジャパン・マスターズ 50mバタフライ優勝 
 2013年  後縦靱帯骨化症(難病指定)発症、手術 経過良好
 2016年 2016ジャパン・マスターズ 50mバタフライ優勝  

Swim

活動について

◇ 角皆優人はスキーと水泳の指導をおこなっております。
◇ 作家としてキンドルを含め作品を発表しております。
◇ ノルン水上スキー場アドヴァイザリースタッフ
◇ International Snowsports Japan Freestyle Director

 活動の詳細は以下のホームぺージをご参考下さい。

ホームぺージについて

著者ページ
アマゾン著者ページ http://p.tl/BEFD
スキーレッスン
スキーレッスン  http://ski-lesson.info/
水泳レッスン
水泳レッスン http://swim-lesson.info/ 
会社
クロスプロジェクトグループ http://x-pg.com/

The World of Masahito Tsunokai角皆優人の世界

〒399-9211
長野県北安曇郡白馬村神城27721-590
TEL 0261-75-4441
FAX tsunokai@att.biz